webライター 大学生の稼ぎ方 大学生活

【初心者向け】Webライターにおすすめのクラウドソーシング5選

悩みクン
  • Webライターを始めたいけど、どのクラウドソーシングがおすすめ?
  • Webライターの案件ってどう探すの?
  • Webライターで稼ぐコツは?

 

今回は、こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • 5つのクラウドソーシングの稼ぎやすさ、特徴
  • ライター案件の探し方
  • Webライターで稼ぐコツ

 

クラウドソーシングとは、Webライターやプログラミングなどの仕事の仲介役をしてくれるサービス。

トラブルになりやすいお金の管理をクラウドソーシングが担ってくれます。

今回は、Webライターで稼ぐボクが、本当に使えるクラウドソーシング5つを紹介します。

 

この記事では、クラウドソーシングの稼ぎやすさを5段階評価し、特徴も徹底的に解説。

 

この記事を読めば、「本当に稼げるクラウドソーシング」がすべてわかります。

Webライターにおすすめのクラウドソーシング5選

クラウドソーシング5選

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • Bizeek
  • ココナラ

それぞれ解説していきます。

おすすめのクラウドソーシング①『クラウドワークス』

おすすめのクラウドソーシング①『クラウドワークス』

クラウドワークスの特徴、稼ぎやすさ

  • 仕事数が多い
  • 検索しやすい

稼ぎやすさ⭐⭐⭐⭐⭐

1番稼ぎやすいクラウドソーシングは、クラウドワークスです。

クラウドワークスはライティング案件が非常に多く、単価も低いものから高いものまで幅広くあります。

 

また、クラウドワークスは、案件の検索がしやすく、PCはもちろん、スマホアプリでも手軽に検索できます。

 

Webライターで稼ぐには、まず案件を受注しないと始まりません。

なので、案件数が多いクラウドワークスは、初心者でも稼ぎやすいクラウドソーシングです。

クラウドワークスに登録する

 

関連記事>>>クラウドワークスの評判・口コミは悪い?【本当に稼げる?】

おすすめのクラウドソーシング②『ランサーズ』

おすすめのクラウドソーシング②『ランサーズ』

ランサーズの特徴、稼ぎやすさ

  • 検索しやすい
  • サポートが充実

稼ぎやすさ⭐⭐⭐⭐

クラウドワークスの次に稼げるのが、ランサーズですね。

クラウドワークスとの違いは、ランサーズは案件が少ないことです。

そのため、クラウドワークスよりは稼ぎにくいです。

 

クラウドワークスで案件が見つからなかったら、ランサーズで案件を探すといった感じで使うのがいいでしょう。

ランサーズに登録する

 

関連記事>>>ランサーズの評判・口コミは悪い?【初心者でも稼げる?】

おすすめのクラウドソーシング③『サグーワークス』

おすすめのクラウドソーシング③『サグーワークス』

サグーワークスの特徴、稼ぎやすさ

  • ライター専用のクラウドソーシング
  • スキルによって高単価に

稼ぎやすさ⭐⭐⭐⭐

サグーワークスは、ライター専用のクラウドソーシングです。

サグワークスはランク式で、案件をこなしていくとランクが上がり、高単価な案件や特別案件も受けられるようになります。

 

また、テストライティングもあり、合格すると、一気に最上級のプラチナライターとして認定されます。

数件案件をこなしてから、テストライティングに挑戦してみるといいでしょう。

 

スキルによって、稼げる額が変わるクラウドソーシングなので、本気でWebライターをやりたい人にピッタリです。

サグーワークスに登録する

 

関連記事>>>【2020年】サグーワークスの評判はいい?【月10万稼げる?】

 

おすすめのクラウドソーシング④『Bizseek』

おすすめのクラウドソーシング④『Bizseek』

Bizseekの特徴、稼ぎやすさ

  • 手数料最安値
  • 案件は少ない

稼ぎやすさ⭐⭐⭐

Bizseekは業界最安値の手数料で利用できるクラウドソーシング。

 

クラウドソーシングを利用する1番のデメリットが手数料が高いこと。

そんなライターの悩みを解決したのが、Bizseekです。

 

単価が高い案件は、正直少ないですが、初心者の方向けの案件は十分あります。

Bizseekはこれから伸びる可能性があるので、今からWebライターを始める方は登録しておくといいですね。

Bizseekに登録する

おすすめのクラウドソーシング⑤『ココナラ』

おすすめのクラウドソーシング⑤『ココナラ』

ココナラの特徴、稼ぎやすさ

  • 自分のスキルを売る
  • スキルによって、稼げる額が変わる

稼ぎやすさ⭐⭐⭐

ココナラは、一般的なクラウドソーシングと違って、相手が仕事を依頼するクラウドソーシングです。

一般的なクラウドソーシングだと、案件を提案して仕事をもらいますが、ココナラは自分のサービスを買ってもらってから仕事をします。

つまり、買ってもらえないと1円も稼げません。

 

しかし、その分スキルがあると、稼げる額はどんどん増えていきます。

ある程度ライティングスキルが上がったら、ココナラに自分のスキルを出品してみましょう。

ココナラに登録する

どのクラウドソーシングを登録すべき?

どのクラウドソーシングを登録すべき?

クラウドソーシングを5つ紹介しましたが、「どれを登録すればいいんだろう」と思う人もいるでしょう。

結論としては、「すべて登録しておく」というのがボクの答えです。

なぜかというと、単純に提案できる案件数が増えるから。

 

Webライターをやろうと思っても、できそうな案件がなかったら、仕事を始められません。

また、初心者の方は、提案しても採用されないことが多いです。

 

特に初心者は、提案できる案件が多いに越したことはありません。

特に料金もかかるわけではないので、Webライターやるなら今回紹介した5つは登録しておきましょう。

はりー
ボクも最初は全部登録してなかったけど、結局全部登録したよ(笑)

クラウドソーシングの案件の探し方

クラウドソーシングの案件の探し方

クラウドソーシングでのライター案件の探し方を紹介します。(※例としてクラウドワークスを使用)

ライター案件の探し方

  1. 「仕事を探す」から「ライター・記事作成」をクリック
  2. 希望の条件に絞り込み
  3. 自分のできそうな案件にどんどん依頼

クラウドソーシングの案件の探し方①『ライター案件のページへ』

クラウドソーシングの案件の探し方①『ライター案件のページへ』

「仕事を探す」から左の仕事カテゴリの中の「ライティング・記事作成」をクリック。

クラウドソーシングの案件の探し方②『絞り込み』

クラウドソーシングの案件の探し方②『絞り込み』

下にスライドすると、左に「絞りこみ」の欄があるので、「文字単価」、「プロジェクト案件かタスク案件」で絞ります。

初心者の方は、実績作りのためにタスク案件を数件こなすか、プロジェクト案件の単価が0.5円~0.8円あたりを狙いましょう。

※タスク案件:誰でもできる簡単な案件, プロジェクト案件:本格的に記事を書く案件

あまりに安い単価の案件(0.1~0.3円)だと時間の無駄です、やめておきましょう。

クラウドソーシングの案件の探し方③『提案』

自分のできそうな案件があったら、どんどん提案していきましょう。

提案分の例

自己紹介:はじめまして。この度○○に関する記事の”ライター募集”の応募させていただきました、○○です。

実績紹介:ブログ経験やライター経験、Webライターが初めてなら、それも正直に伝えましょう。

 

※だいたい案件の詳細欄に必須事項が書いてあるので、それをしっかり書きましょう!

例えば、スポーツが得意なら、それに関する記事を探したり、映画好きなら映画に関する記事を受けたり、自分のできそうな案件を見つけて、提案していきましょう。

ライティングの案件は、基本的にマニュアルがあるので、そこまで心配する必要はないです。

 

最初は、20~30個ぐらい提案して、1、2個案件をもらえるか、もらえないかなので、どれだけ提案するかが大事ですよ!

Webライターで稼ぐコツ【実績を積み重ねる】

webライターで稼ぐコツ【実績を積み重ねる】

Webライターで稼ぐには、案件をたくさんこなして実績をつけることが1番大事です。

実績があれば、信頼度が高まり、より高単価な案件をもらうことができます。

なので、最初は案件をたくさん提案しましょう。

 

Webライターは、やればやるほどスキルも単価も上がるので、継続すれば必ず稼げるようになりますよ!

まとめ:すべてのクラウドソーシングを登録しておこう

まとめ:すべてのクラウドソーシングを登録しておこう

この5つを登録することによって、Webライターとしてのデビューがかなり早くなります。

Webライターで稼ぐには、案件をもらわないと始まりません。

今からWebライターを始める方は、どんどん提案していきましょう。

 

関連記事>>>【webライターの始め方】未経験の大学生でも稼げた方法を解説

-webライター, 大学生の稼ぎ方, 大学生活

© 2020 hariblog Powered by AFFINGER5