ブログ

大学生で本を読まないのは圧倒的に損【本を読んだらすべてが変わった】

悩みクン
  • 本を読む意味ってなに?
  • どんな本を読めばいいの?
  • 読書嫌いを克服する方法ってある?

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

大学生で、まったく本を読まないという人は50%と言われています。

もちろん、読書をする、しないは自由ですが、読書をしないのは少しもったいないと思います。

 

ボクは、実際にほぼ毎日本を読んでいます。ただ、大学生になるまでは、まったく本を読まず、読む価値もないと考えていました。

 

そこで、本記事では、ボクが本を習慣化できるようになった経験を活かして、「読書をする意味」、「おすすめの本」「本を読む方法3つ」をすべて解説します。

 

この記事を読めば、読書が楽しくなりますよ!

そもそも、なぜ大学生が本を読まないのか

そもそも、なぜ大学生が本を読まないのか

本を読まない理由は、いろいろあると思いますが、1番の理由は本を読むのが純粋に楽しくないからでしょう。

そのことはよくわかります。

はりー
ボクも楽しいから読んでいるわけではないよ

 

ボクが本を読む理由は、知識があった方が有利だから。

知らないことが人生で1番損をする

「お金の知識がないから、無駄に働かないといけない」とか「一般常識がわからないから、バカにされる」とかすべて知識がないからですよね。

 

ボクは、無駄に働くとかそういったことはしたくないので、本で知識を得ています。

 

大学生が本を読むメリット2つ

  • 役立つ知識を得られる
  • 文章力が身につく

先ほども言った通り、本を読むことで自分の人生に役立つ知識が得られます。

 

また、大学生ならレポート課題などに必要な文章力が付きます。

 

ボクは、3000字を1時間ほどで書けるようになりました。

【経験談】読書嫌いを克服するには

興味がある本を自分で一度買ってみる(できれば電子書籍以外)

もともと高校まで、読書嫌いでした。(多分2冊とかしか読んでない)

本を読み始めたのは、大学生の通学時間を有効活用しようと思ったのがきっかけです。

 

そこで、ボクが試したのが、実際に本屋に行って、面白そうな本を買うという方法。

これがよかったのか今では、興味のある本は読めます。

 

ポイントは2つ

  • 自分で買う
  • 面白そうな本を選ぶ

自分で買う

自分で買うと、最後まで読まないといけないという責任感に追われます。

これを逆手に取った方法です。

面白そうな本を選ぶ

自分が興味ない本は、誰でも読むのが嫌です。

本屋に行って、中身を軽くみて、面白そうだと思った本を買いましょう。

紙以外で本は読める

いまは紙以外でも読む方法があります。

本当に便利です。

今回は2つ紹介します。

1.kindleを使う

本を持ち運ぶのがめんどくさい人にオススメなのが、kindleです。

スマホで読めますし、メモもできます。またわからない単語も調べる機能がついているのでいいですよ。

kindle unlimitedなら読み放題なので、まずここから試してみましょう。

 

いまなら30日間無料で体験できるので一度やってみるのをオススメします。

30日間無料でkindle unlimitedを試してみる

2.audibleを使う

みなさんはaudible知っていますか?

audibleは耳で聞く読書です。

audibleのいい点は手軽に読書ができること。

ページをめくる必要もないですし、プロの人が読んでくれます。

 

また一冊は無料なので、好きな本を読んで、解約するのもありだと思います。

読書嫌いな人もこれならやれるのではないでしょうか。

30日間無料でaudibleを試してみる

大学生におすすめの本

大学生におすすめの本は長くなるので、こちら【2020年版】大学生におすすめの本5選【人生を変えた5つを教える】にまとめておきました。

この5つは、すべてボクの人生を変えてくれたものです。

本気で厳選したので、よかったら見てくださいね。

まとめ

本が嫌いな人もいると思いますが、読んでおいた方が圧倒的に今後の人生に有利になります。

今大学生なら、暇な時間が多いと思います。

その暇な時間の中の30分だけでもいいので読書に使ってみませんか?

僕は、本を読んでから、様々なことを学びました。

そしてこれからも学んでいくつもりです。

知識は一生残ります。時間は戻りません。

今すぐ行動して、少しでもいい生き方を見つけていきましょう。

-ブログ

© 2020 hariblog Powered by AFFINGER5